トップページ > 未分類 > 縮毛矯正での疑問

縮毛矯正での疑問

 おはようございまぁーっす!!《≧▽≦》今日のお題は「縮毛矯正」です。

今や、縮毛矯正は定番になりましたが・・ちょっと、前は、ストレートパーマが主流で頭にプラスティックの板を
3・4㌢間隔で傘のように貼り付けていく技術でした!覚えてる人も多いですよね?〈≧▽≦〉
重い頭でお客さんも我慢してた時代です〈>△<;〉 今は、薬が良くなり、時間も短縮!!当店でも
  カット込みの時間で2時間半で仕上がる事が出来るようになりました!《≧▽≦》昔は5時間とか6時間とかでしたが。その縮毛矯正で良く聞く事が・・「縮毛矯正の後にパーマをかけても、思うようにかからない〈++〉」とか「矯正後にパーマかけたらすごく、痛んだという声」「色が思うように染まらない」とかですね。。この疑問にお答えすれば・・・
 まず、大抵の矯正は「半永久的ですよ!!」とか「広がらなくなりますよ!!」とかのうたい文句は耳にした事があると思いますが
 縮毛矯正の仕組みがですね・・大半が「植物性樹脂」と言われる保護剤が入ってまして、髪の毛を「ラップで巻くようなイメージ」なんですよね・・〈>△<〉なので、湿気を吸いずらくし、広がらなくもなるのですが・・・その保護のお陰で「パーマの薬が髪に浸透しずらくなり掛が悪くなる、もしくは、染まり悪くなる・・」と言った現実が起こります。
 そして、その効果は・・半永久的なんで、3・4ヶ月前にかけて(矯正)もうかかるだろう。。とか言うのは現実厳しい・・《≧△≦》のです。 しかも、樹脂加工の矯正は洗ってもすぐ落ちず、「キューティクルをはがしながら、矯正の効果が衰えて行きます」《+△+》 ですから・・矯正の後に少し経ってパーマかけたら最悪な結果になった《≧△≦;》とかの声があるのは・・
 パーマのお薬で無理やり、その保護剤をはがしてしまったときに、キューティクルもはがされたおかげで硬く、パサパサになってしまった結果ですね。《++》もうーそうなってしまった、髪は、再生することは出来ず、カットするしか手立てはありません。。
 そこで、当店は考えました・・「ダメージを少なく矯正出来て、パーマもかけれる薬は無いものか?」と・・
 ありました!!《≧▽≦》 一般的に薬品と言う分類なんですが・・「化粧品分類」と言って薬品より弱いものの・・効果は(伸び)は同じ!!しかも薬が弱めなので、自然な仕上り!!「シャキーン!パキーン!」とした矯正になりません《≧▽≦》時間も短縮!スタイルチェンジでパーマもOK!!《≧▽≦》(かかる時間は髪のダメージやダメージ防止のケラチンやコラーゲンの施術時間によっても違いますよ!) これからも、薬は進化してくと思います私達美容師も勉強していかなければなりませんねぇ《≧▽≦》 

サイト内検索

flow(フロー)

所在地
〒960-8055(地図を見る
福島県福島市野田町字相沢1-18
TEL&FAX
024-558-1333
営業時間
9:00~19:00 (土・日・祝日 最終受付 18:00)
(パーマ・カラー/最終受付 18:00)
定休日
毎週月曜日、第1・3日曜日

携帯でもご覧になれます

このページの先頭へ